2012年07月24日

4月の大事件 その2 最終章 4月の大事件 その2 最終章 4月の大事件 その2  最終章

5月末日、緩和ケア病棟で療養中だった義母が亡くなりました。

本人の米寿のお祝いの賞状を届けに行った義父が病室を出る時には解ったようにうなづいたのが最後で、翌日の早朝に急変したとのこと。


お寺の都合で6月3日が自宅での通夜、4日がホールでの葬儀と決まり、妻と大学生の次男を伴い3日のお昼に実家に着きました。

関東在住の長男と長女も東京で待ち合わせてほぼ同じくらいに着きました。

仏壇の前に寝かされている義母の顔は別人のように痩せこけていましたが、病院で点滴漬けにされてむくみ上がった顔よりはずっと自然で安らかに見えました。


周囲の人たちの意見を聞き入れて、敢えて延命行為をせず緩和ケアを選ぶことは義父にとっては苦渋の決断だったに違いありません。

私は患者さんの家族から相談を受ける場合に いつも延命治療には否定的な意見をとってきましたが、やはりそれでよかったのだと改めて思いました。


通夜の17時までにはまだ数時間もあり、私は何も手伝うこともなく手持無沙汰だったので前夜寝不足だったのを口実に2階の部屋でしばし休ませてもらうことにしました。


横になって何度かまどろみを繰り返していると、階下から騒がしい声が聞こえてきます。

うとうとしながら聞いていると、息子たちの声も混じり笑ったりどよめいたりで、とてもお通夜の雰囲気ではありません。


居間に降りていくと先刻と比べてそれほど人が増えているわけでもないのに、とにかく賑やかなのです。


我が家族はと見れば、一人の若い女性を独占的にとり囲んで話に夢中です。座った姿勢でも一目で長身と知れる(実際には173センチだそうです。)美人です。


彼女が 松井由貴美さんであることはすぐに解りました。


シャイな私はその輪の中には入れず、離れたところにいた彼女のお父さん(この人が妻のいとこです)としばし歓談し彼女の話も伺うことが出来ました。

今は地元中心の活動基盤を今後は東京に移す予定だということです。


わが家族は入れ替わり立ち替わり彼女と写真を撮っています。

私もどさくさにまぎれて何枚か撮ってもらいましたが、普段から美人に慣れていないとやたらと緊張するものですね。

そのうちだんだんと人が増えてきて、彼女は相変わらず多くの人に囲まれていましたが、私は久しぶりに会う懐かしい親戚の人たちと旧交を温めることが出来ました。

5時に始まったお通夜は以外に早く終わり会食が始まりましたが、翌日の葬儀に参列する予定の妻と次男を残して6時過ぎには帰る予定の私と長男、長女は義父と義母にあいさつ(義母とは本当に今生のお別れ)をし家を出ました。


由貴美さんは一緒に近くの駐車場まで歩いて見送ってくれて、ブログに写真を載せることも了承してもらい別れました。


写真やビデオで見た彼女より素顔の方がはるかに素敵な女性です。

喪服ではなくて華やかなドレスを着た彼女にもまたいつか会えることと、准ミスユニバースという栄誉を踏み台にしていろんな分野で活躍してくれることを祈っています。

彼女とのツーショットの写真です。

120603_1703~01.jpg120603_1703~02.jpg



posted by ドク・サム at 10:48| 岐阜 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

4月の大事件 その2 続き

前回の続きで、4月に入ったところからです。

4月2日 妻のところに妹から電話が入りました。


前日1日に大阪で行われたミスユニバースの最終選考で 松井由貴美さんが第二位に選ばれたとのことでした。


4000人以上の地方大会から 最終選考に残ったのはわずか23人とのこと 。


惜しくもグランプリは逃したものの 第2位はすごいです。


いま話題の人、美元(みおん)さんも数年前の准グランプリだったそうです。


聞くところによると、グランプリに輝いた宮城県代表の原さんはモデルをしながら3年前からこの大会に備えたそうですが、松井さんはOLをしていて、予選の半年前に急に参加することになったとのことで、準備期間の不足は痛かったと思います。


後に決勝大会のビデオや、大会に到るまでの原さんと松井さんを追いかけたテレビのドキュメント番組も見せてもらいました。

松井さんはもともとグランプリの最有力候補の一人だったということでしたが、さすがに準備不足で貫禄負けという感じはあったものの、却って初々しさが目立って好印象でした。

準グランプリになってからは、テレビの取材やモデルの仕事で急に忙しくなったそうですが、もっともっと有名になれるといいですね。
皆さんも応援して下さい。

彼女のブログもあります。


そしていつか御本人に会えることを楽しみにしていましたが、その機会は意外に早くやってきました。
・・・・・to be continued


後日携帯で撮影した彼女とのtwo shot
映っているのは残念ながら私ではなく 次男です。

120603_1603~01.jpg

posted by ドク・サム at 18:05| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

4月の大事件 その2 序章

また2週間あいてしまいました。

その後 すぐに続きを書こうと思っていたのですが、駐車場で車をぶつけられたり、目的もなくドライブをしている時に見つけた沖縄カフェに感激したりという小さな出来事がいくつかあり、そのことについて書いておこうかと迷っている間に 時は過ぎてしまった次第です。いつもながらの 言訳ですけど・・・。


ここからがいよいよ本題。


話は 
2月に戻ります。

数年前から認知症のために義父と同居の三女(妻の妹)夫婦によって自宅で献身的な介護を受けていた義母(妻の母)に進行性の直腸癌がみつかり 手術もできない状態だと連絡がありました。
 

昨年の夏、娘と1歳の孫を連れて遊びに行った時には食慾旺盛だったのに、苦痛を自ら訴えることがないためにどうしても病気の発見は遅くなります。

実は私の母も同じころから認知症で、現在はグループホームでお世話になっていますが、何かを訴えるどころかほとんど自発言語もなくなり、私のことが本当に認識出来ているかどうかさえ分からない状態です。

義母が入院中の病院に見舞いに行った後に、家族がそろって今後のことを相談しました。

回復の望みのない末期がんに対しては誰もが延命処置には反対で、ホスピス(緩和ケア病棟)への転院が良いだろうということになりました。

義母の病気も大事件でしたが、その後の歓談の中で聞かされた話が4月の一大事件 その2 の序章でした。

実は妻のいとこの娘さん 松井由貴美さんが、昨年11月に開催されたミスユニバース長野県大会で代表に選ばれ、今は4月に行われる全国大会に向けての準備中だというのです。

ミスユニバースの選考は従来は東京での全国大会だけだったのが 一昨年からは地方大会ができ長野大会は今回が初めてとのことです。

ミスユニバースに関する私の知識と言えば、日本代表として世界一になった往年の小島明子さんとか、現在女優として活躍中の萬田久子さんぐらいで、遠い世界の話だと思っていましたが、少し身近なものに感じられるようになりました。

2月のその時点では、由貴美さんに関するニュースはここまでです。

そして
41日の全国大会での結果発表を待って、我が家はこの後だんだん盛り上がりますので お楽しみに。

本日の写真。これは後日撮影したもので、松井由貴美さんとわが愛妻です。



120603_1602~04.jpg

 
posted by ドク・サム at 23:38| 岐阜 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

4月にあった大事件  その1 幻の3億5千6百万円

「院長の日誌」と名づけたことが恥ずかしくなるくらい 本当に久しぶりの書き込みです。

何も出来事がなければ書きようもないのですが、あればあったで何から書こうかと思案しているうちに話題の新鮮味がなくなり、ついに書き込むチャンスを失ってしまうということの繰り返しです。
なんだかんだと言い訳がましいことをいっても 結局は面倒なだけのことです。

「力まないで 適当に・・」というのは精神科医がうつ病の患者さんに言う常套句ですが、さらに「今日出来ることでも、明日でもいいことは明日やる」「明日でもいいことは 多分あさってもいいはず」が私のモットーで、 依頼された書類を書くのもどんどん遅くなり、患者さんにはいつも迷惑のかけっぱなしです。

ことしは春以降 話題に事欠かないくらい色々な出来事がありました。
とは言っても多くは日常的な範囲内なのですが、実はめったに経験できない出来事が4月になって二つありましたので ご報告します。

その1)
4月20日の朝、いつもどおり8時に起床、洗面を終えて居間に行くと、妻が「ちょっと、これ見てよ」とテーブルの上に広げた新聞を指差しました。

紙面の上には1枚のロト6。
1年ぐらい前から妻は毎週ロト6を買っています。

1から43までの数字を6個選んで1組200円で買い、6個すべてが一致すれば1等になるという、普通の宝くじよりも自分で好きな数字を選ぶところに面白みと楽しみがあります。

またいつもの「あー、1個ずつずれている」「いいところまでいってるんだけどな」の類だろうと思いながら、1等の当選番号 04,15,17,34,38,40をはじめ以下5等までの数字が書かれているのを、妻の買ったロト6と見比べていきました。

6個ずつの数字が5列並んでいてそのうちの一列は
04,15,17,34,37,40で1等の04,15,17,34,38,40とは37と38が1個違うだけです。

6個がすべてあっていれば1等で賞金はキャリーオーバーもあって何と3億5千6百万円。
1個外れたのだから2等・・・・。

「ね、2等でしょ。2千百万円。」

新聞を何度見直してみても確かに回数も651回、抽選日も4月19日と間違いありません。

その時1等の数字6個の右端に小さくボーナス数字(05)と書いてあるのに気づきました。
ボーナス数字? 何だ? 

早速ネットで調べてみると1等の6個の数字のうち5個が一致し残りの1個がボーナス数字である時2等とのこと。

結局妻のは3等ということで賞金は69万円。37と38とたった1の違いが3億5千6百万円と69万円の差なのです。

妻は「え?3等なの。なーんだ」とあっさりしたものです。
「私の狙いは1等だけ。2等も3等も眼中にない。どうして37じゃなくて38と書かなかったんだろう」と悔しがっています。

私も時々付き合って思いつきの数字を選んで買うのですが、5等である3個の数字すら一致したことはなく、こういうものが当たるとは頭から信じていませんでした。

しかし 妻は違うのです。
「絶対当たる」と信じて過去の数字を並べては独自の方法で選んでいるようです。
そして今回の結果です。

「宝くじなんてどうせ当たらないよ」といつも馬鹿にしていた私が「ほら、これで可能性を認めるでしょ?」と逆に非難されてしまいました。

今ではそのうち本当に当たるかも知れないと思うようになりました。

4月にあった ニュースその2)は・・・・・・・


次回に続く。お楽しみに・・・・・。

下の写真がヒントです。

image.jpg
posted by ドク・サム at 22:24| 岐阜 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

電話相談中止のお知らせ

29日(火)に予定していた電話相談は都合により中止します。
今週は代替日がとれませんので 次回は6月1日(金)になります。
posted by ドク・サム at 09:56| 岐阜 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。