2011年06月30日

体重もホタルの数も減少

6月とは思えないような猛暑が毎日続いています。

今日は各地で熱中症が多発し 3名の死者が報告されています。

暑さのせいでもないでしょうが、ホタルはいよいよおしまいのようです。

先週は 9匹 5匹 10匹

今週は 一昨日は4匹 昨日は7匹 今日は ついに3匹になりました。

あれだけうるさかったカエルの声も静かになってしまいました。

私の体重も3キロ減と順調です。
10月の検診までに あと4キロ減が目標ですが 何とかなりそうです。

ホタルのほうは今週が最後かもしれませんが、もうしばらくは数えながら歩いてみます。


posted by ドク・サム at 00:19| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

放射線量の測定方法を変更してみました

最近は 各地で放射線量を独自に測定するようになってきました。

先日のテレビニュースで、東京での測定場面を放映していましたが、軒並み0.15マイクロシーベルト毎時以上を示し文部科学省の発表とは2−3倍の隔たりがあると、さも驚いたようような口調で言って いました。

当院では4月以降継続して測定していますが、ほぼ0.12−0.18の間で変動をしており、その後も岐阜県内の各地はもちろん滋賀県、福井県、石川県、長野県、山梨県でも調べてみましたがどこも大差はありませんでした。

原子力資料情報室(CNIC)の 新宿区内で 屋外での測定値もほぼ同様です。

今まで 午前9時 12時 午後6時に測定しましたが 実際に数値はわずか十秒間でも 0.12−0.20の間で激しく動きどれを測定値とするかに迷うことがありました。

そのため今回からは 24時間の積算値を測定し 365を掛けて年間被曝量を出すことにしました。

その結果
22日9時から23日9時  3.76マイクロシーベルト
23日9時から24日9時  3.75
24日9時から25日9時  3.78

とほとんど安定した数値でした。

1年間では 1.37ミリシーベルトとなり 電気事業連合会が発表している岐阜県の自然放射線量 1.19ミリシーベルトに近い数値となります。

公の機関で発表されている 0.05マイクロシーベルト毎時では年間 0.43ミリシーベルトにしかなりません。

世界の平均値は年間2ミリシーベルトで 日本は1ミリシーベルトと低値を示す国だという発表もされていますが、0.43ではその半分にも満たず 世界平均の四分の一ということになり、この数値のほうが 驚きです。 




posted by ドク・サム at 15:36| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ホタルはピークを過ぎた?

雨天続きで 最近は連続して歩く日が少なくなっています。

田んぼの中を歩いていると騒々しいばかりのカエルの大合唱の中に、「クイナ」と思われる鳴き声がときどき混じります。

子供のころに田んぼのあぜ道でクイナの巣を見つけ、何日も通って観察したことなどが思い出されます。

13日 15日 17日と3日続けてホタルの数は偶然にも54匹でした。

高いところをゆったりと飛ぶもの、水面近くをスーイスーイと飛ぶもの、遠くから近づいてきて急に逃げるように飛び去るもの・・など短い命を謳歌するような多種多様の動きが見られます。

昨夜 20日は急に28匹と半減しました。

どの飛び方も力なく、草や木の枝にじっとして光だけを点滅するものが多くなりました。

ホタルの数はこれからは減るばかりでしょうか?

もうしばらくは追跡してみます。

ちなみに、 私の体重は 予想通り減らずに足踏み状態です。







 

posted by ドク・サム at 18:56| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。