2011年03月27日

7ヶ月の孫

神奈川在住の娘が昨年の夏に生まれた孫を連れて里帰り中です。

先日の連休に夫婦で自慢の孫を見せるために帰ってきましが、その後の計画停電や放射能汚染を忌避して、そのまま母子のみが疎開中です。

3月26日でちょうど7ヶ月になりました。


下の歯が2本生え、上のほうも萌芽状態で小さい白い歯が見えています。

はいはいも早く、つかまり立ちをして、何でも口に入れてしまうので目が放せません。

入浴後の着替えを嫌がって逃げ回っています。

昼間の睡眠時間も短く、不機嫌になると大声で泣きじゃくります。

自分の子供たちのときもこんなに大変だったのかな?・・と思うぐらい大騒動の毎日です。

まあ、かわいいから許せますけど・・・・。

ブログ上で初お目見えです。

左の2枚は帰って来る時の新幹線の中でパパが携帯で撮影した写真です。

満足気に外の景色を楽しんでいるようです。

右の2枚は昨日 満7ヶ月のものです。

CA5U0780.jpgCA2LFJ2K.jpgCIMG2604.jpgCIMG2609.jpg
posted by ドク・サム at 10:26| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

情報は信用できるか?

被災地では復興どころか想像を絶する過酷な環境が続いています。

雪の降る厳寒の被災地で食べるものさえ満足にない生活や 福島の原発で文字通り命がけで対応に追われている現場の人たちの苦労を思うと、遠くにいて安閑としている自分が恥ずかしくなります。

ついに東京都の浄水場の放射能汚染が報道されました。

原発の事故以来、放射能に関する情報がネット上でも錯綜しています。

政府の発表は 相変わらず「今すぐには健康被害はない」の繰り返しです。

今すぐには大丈夫ということは 将来のことはわからないということです。

半減期が30年というセシウム137なるものは今後何十年間にわたって土壌や海水を汚染し、農作物や魚介類に蓄積されるということなのでしょうか?

今、汚染された魚を1匹食べても大丈夫だとしても、毎日食べたらどうなるのでしょうか?

納得できる情報が入手できません。

私は日ごろから患者さんに「国が大丈夫と言うものは危ない。危ないというものはそれほど心配しなくていい」と繰り返し言ってきました。

今までの医療行政を見てきてたどり着いた結論です。

官房長官が「爆発的事象」などというわけのわからない用語を使い、「今すぐには」「直ちにどうと言うことは・・」などといっているのは頭から信用していません。

テレビで専門家といわれる人が「大丈夫」と言うのも疑っています。

政府寄りの御用学者と政府べったりのマスメディアが流す情報は、安易には信用できません。

薬害エイズの例を出すまでもなく、健康被害と言うのはいつでも何年か何十年か後に発覚するものです。

放射線障害の代表的な発がん性や遺伝子への影響は 忘れたころに、さらには次世代になって発現するようなものばかりです。

「決死の覚悟で」と白々しくうそぶき、この状況下で平然と防衛大学校の卒業式に参列するような首相は何を考えているのか理解できません。

あの病的な無表情さで ころころと意見を変える前首相といい 今の政権はどうなっているのでしょうか?

一刻も早い原発事故の終結とともに 一刻も早い 民主党政権の終焉を心から祈るばかりです。





posted by ドク・サム at 19:18| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

烏合の衆政府による最悪最低の被害対策

このたびの未曾有の大災害に見舞われた地域の皆様に対しては 本当になんと言っていいのやら言葉も見つかりません。

私たちが遠隔の地で安穏に暮らしていられることはこの上ない幸せなことなのですが、むしろ罪悪感すらも抱きそうになります。

今朝も洗面しようとひねった蛇口から出た湯を見て、飲む水にさえ不自由している生活があることを思い浮かべると手が止まってしまいました。

昨年夏に当地を襲った集中豪雨でも、近くの小さな川が氾濫して数台の大型トラックが流されいくつかの人命も奪われ、水の威力をまざまと見せ付けられましたが、今回の津波は規模が違いすぎました。

さらに今後も長期にわたって影響を残しそうな原発の事故までが追い討ちをかけています。

先ほどテレビの現地取材番組で、3時間並んで薬がたった1錠しかもらえないのを知りました。

本当に日本の国内でこんなことが起こっているのかと信じられない気持ちです。

寸断されたとはいえ 現地まで食料や水の補給は始まっています。

薬は日本中に山ほどあります。国が買い上げて現地へ運べばすむことでしょう。

また放射能汚染の疑われる半径30キロ以内への立ち入りが規制され、物資の搬入が閉ざされているとのことです。

外部から運び込めないので 内部の人が外へ受け取りに行けということのようです。

まったくあきれるというより 腹立たしい限りです。

汚染されるので外出するな。 外からは助けに行けないから必要だったら取りに来い。 被災地の住民に対するこんな対応がありますか?

地方の行政機能が麻痺していることはわかりきっているのだから、国が動くのが当たり前でしょう。

どういう思考回路なのか、まったく無能無策の烏合の衆政府としか言いようがありません。

従来の自民党政治に辟易して 前回は民主党に投票した自分を恥じています。

もう無能な官邸は口も出さずに 有能な官僚にすべてを任せたほうがよっぽどましです。

官僚にあごでこき使われて 自分たちの無能さを思い知るべきです。

自分の無能さを思い知るにもある程度の認知能力が必要ですから、それすら無理でしょうが・・・・。

一昨日夜の東京電力の無責任会見や この非常事態に普段ですら低俗なお笑い番組を放映している某テレビ局(どこだったか忘れたので書けないだけです)の存在など 腹の立つことばかりで 指が止まりませんが、きりがないので今はやめておきます。








posted by ドク・サム at 14:52| 岐阜 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。